book

英語が話せるようになりたい!だったら今日から「ジェット機式発音カタカナ英語」!

音節と発音記号がわかる次世代のカタカナ英語「ジェット機式発音用カタカナ英語」
英語には2つの発音のコツがあります!

それは英単語の「音節」と「発音記号」を見ればわかります!

音節

発音リズム

英語では、たくさんの音を1つにまとめて発音します

発音記号

英語には4つの音量があります

「つよめ」「ふつう」「ややよわめ」「よわめ」の音量です

 

英語の発音のコツは、4種類の音量を使い分けながら1つにまとめにして発音することです!

すると、驚くほどキレイな英語の発音ができるようになります!
英単語book
book
音節book 発音記号bˈʊk
意味 ほん
book
nice
音節nice 発音記号nάis
意味 よい
book
bear
音節bear 発音記号béər
意味 くま
ジェット機式用カタカナ英語を見ると、英語の「正しい発音リズム」と「4種類の音量」がわかります!
正しい発音リズムがわかる「発音リズムマーク」つき!

発音リズムマーク

この「発音リズムマーク」が1つにまとめて発音する音をすべて囲んでいます!こども用は発音リズムマークがイラストになってます!
英語特有の4種類の音量もわかる!

4種類の音量

英語には、「つよめ」「ふつう」「ややよわめ」「よわめ」の4種類の音量があります。英語の発音記号は大きく4種類に分けることができ、それぞれに独自の音量があるからです。そのため4つの音量の違いがわかるようカタカナ文字の色と大きさを変えています。赤の文字は「つよめ」、黒の文字は「ふつう」、灰色の文字は「ややよわめ」そして一番小さな文字は「よわめ」に発音する音です。
ジェット機式発音用カタカナ英語は、精度100%のカタカナ英語です!

ジェット機式発音用カタカナ英語は、英語辞書にある英単語の「音節」と「発音記号」の情報をそのまま取り入れた精度100%のカタカナ英語です!世界で通じる英語の発音方法がカンタンにわかります!

苦手だった英語の発音が、得意になる!

苦手な発音が得意になる

苦手な発音が得意になる

アメリカ人の先生が話す英語をいくら聞いても発音が全然真似できない・・でももう大丈夫!「ジェット機式発音用ひらがな英語」を見れば、英語発音の「具体的なコツ」がカンタンにわかります!

4種類の音量がわかる!

英語特有の「つよめ」「ふつう」「ややよわめ」「よわめ」の音量の違いがわかる!だからアメリカ人のように抑揚のある英語の発音ができる!

まとめて発音する音がわかる!

1つにまとめて発音する音がわかるからアメリカ人のようなコンパクトな発音ができるようになります!ジェット機式発音用カタカナ英語を学べば、あなたも世界標準の英語の発音力が身につきます!

だから、英語の発音がよくなる!

英語の発音が苦手!

英語辞典の情報にもとづいた「ジェット機式発音用カタカナ英語」を学べば、アメリカ人のような英語の発音ができるようになります!英語の発音がよくなれば、英語を話すことがどんどん好きになります!

英語声がみにつく!

ジェット機式発音用カタカナ英語が、英語習得の突破口になる!

すぐにワールドクラス!

英語の発音がうまくなれば、あとはカンタンな英単語や英文のフレーズを覚えるだけで、英語を学んでいる非英語ネイティブたちと対等に会話できるようになります!タイ人やベトナム人などのアジア人たちと英語を使って対等に会話できるようになるからうれしい!英語の発音がよくなれば、英語学習のやる気が大幅にアップします! こどもたちの未来が無限に開けます!

自然と英語が話せるようになるになる!

自然と英語が話せるようになる

英語の発音がよくなると、自信を持って英語が話せるようになるから、外国人と英語を話す機会が少しづつ増えていき、英語力が自然と伸びていきます!「英語が話せるようになりたい!」と本気で思う方は、まずはジェット機式発音用カタカナ英語で世界で通用する英語の正しい発音方法を学んでください!

英語の発音がよくなれば、いいことだらけ!
カッコイイ英語が話せる!
海外旅行が何倍も楽しくなる!
英語の勉強が好きになる!
外国人の友達ができる!
「ジェット機式発音カタカナ英語」は今なら無料で学べます!無料レンタルPDFをご利用ください!

無料レンタルPDFでは、エイゴファームのキャラクター「キュウキュウ」たち一緒に楽しく英語が学べます!

キュウキュウたち

音節と発音記号をわかりやすく統合した「統合発音記号」もご覧いただけます!

統合発音記号

1つのリズムで発音するイメージがわかる「ひとまとめイメージ」もご覧いただけます!

ひとまとめイメージ

4種類の音量がわかる「音量マーク」もご覧いただけます!

音量マーク

伝わり方がわかる「フィーリングバロメーター」もご覧いただけます!

フィーリングバロメーター